カートを見る | お荷物の問い合わせ

 

Concept+
オンラインショップ
『スターリングエンジン』模型キット
当キットはJAXA(宇宙航空研究開発機構)の研究成果を基に作成しています。
お湯で発電!
『LED発電キット』
この製品はオプション製品です。
別途『スターリングエンジン』模型キットが必要です。
『空き缶スターリングエンジン』模型キット
当キットはJAXA(宇宙航空研究開発機構)の研究成果を基に作成しています。

スターリングエンジンとは・・・
中山秀太郎
名誉教授

『スターリングエンジン』模型キットの
イベント情報
お客様の声
ご注文の前に
ご注文方法
会員登録
通信販売の法規に基づく表示
プレスリリース
プレス掲載
商品取扱店

からくり人形
弓曳き童子

当サイトでの買い物は、個人情報保護のためにSSL(暗号化通信方式)を採用しています。

 

お湯で発電!<LED発電キット>
 

MADE IN JAPAN

 
 
この製品はオプション製品です。
別途『スターリングエンジン』模型キット(税込\6,300)が必要です。

お湯で発電!<LED発電キット>
 \6,480(本体価格\6,000)
<販売を終了しました。>


ご注文は、電話・FAXまたはメールでもお受け出来ます。
<代金のお支払い方法>

 代金引換
クレジットカード決済も使えます。

<アカデミック版>
お湯で発電!<LED発電キット>

 教材としてまとめて購入ご希望の方にご提供いたします。
 詳しくは直接ご連絡ください。

LED発電キット&スターリングエンジン動画:
マグカップ上で、スターリングエンジン&LED発電キットが
動いている動画を見ることが出来ます。
http://youtu.be/Gan18uHKJGM

部品一覧
商品

部品一覧
部品一覧

商品パッケージ
商品パッケージ

特長
MADE IN JAPAN
お湯で発電『LED発電キット』の特長は
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究成果を基に作製しております
 

『お湯で動くフリーピストンスターリングエンジン組立キット』を使用し、
発電、LED発光を簡単にさせることができます。

お湯で動くスターリングエンジン組立キット』を使い発電させることにより、
  ・スターリングエンジンがエコロジーとして活用されること
  ・電磁誘導発電の原理、
  をより実感することができ、そこから科学的考察力が生まれ、育まれます。
<サイズ>
・本体(発電キット部) :幅55mm×奥行き55mm×高さ70mm(重さ33g)
・アダプター :幅80mm×奥行き80mm×高さ5mm(重さ12g)
・梱包 :幅135mm×奥行き30mm×高さ190mm(重さ220g)
・本体(スターリングエンジン含む) :幅55mm×奥行き55mm×高さ110mm(重さ122g)
MADE IN JAPAN
 
『フリーピストンスターリングエンジン組立キット』の特長は
古くて新しいエンジン
  スターリングエンジンは、1816年にスコットランドの牧師ロバート・スターリングが発明。最近再び大きな脚光を浴びています。
未来の宇宙利用まで、大きな可能性を持つエンジン
  JAXAやNASAで宇宙利用を目指した研究が行われています。
ピストンの直線運動を直接利用した高効率フリーピストンエンジン
  当キットはお湯をエネルギー源にして運転できます。
太陽熱・廃熱を利用できる、地球にやさしいエコ(低公害)エンジン
  温度差による気体の膨張・収縮により作動、あらゆる熱源に対応可能です。
シンプル構造
  組み立ても簡単。動作の原理も理解しやすいエンジンキット。
<サイズ>
・本体 :幅53mm×奥行き53mm×高さ75mm(重さ39g)
・アダプター :幅80mm×奥行き80mm×高さ5mm(重さ12g)
・梱包 :幅81mm×奥行き81mm×高さ81mm(重さ90g)

スターリングエンジンは、外燃機関の―種で、熱源(温度差) があれば出力を取り出すことができます。どんな熱源も利用可能なスター リングエンジンの特徴を生かして、お湯を熱源としたフリーピストンスター リングエンジン用<LED発電キット>を作ってみましょう。
 このLED発電キットは、<写真>のようなフリーピストンスターリング エンジン用です。このLED発電キット はフリーピストンエンジンの特徴を生 かし、ピストンの直線運動を直接利用 しています。そのため、構造が非常に 簡単発電機です うまく調整しますと、マグカップー杯の お湯で、10〜15分くらい発電すること が出来ます。

   
動作原理

何回か巻いたコイルに棒磁石を近づけたり遠ざけたりするとコイルに電流が発声します。
磁石がコイルに近づくときは電流は矢印の向きとなり、磁石が遠ざかるときは、逆向きの電流になります。これは<電磁誘導>という現象で、1831年にイギリスの物理学者ファラデーが発見しました。
コイルはコイルの中の磁界の状態をそのまま維持しようと、コイル内部の 磁界が変化すると、それを妨げる向きに磁界を発生させ、誘導電流を流す のです。
発電機やモータの原理になっています


Copyright (c) 2003-2015 Concept Plus Corporation. All rights reserved.